ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】

邪魔と感じる人が多い

鏡を見る婦人

出来ればなくしたい

一般的に言われるほくろとは、良性の腫瘍であって多くは生まれつきであるとか子供の時に出来るとされています。しかし中には大人になっても出来る場合もあり、多くは黒色や茶色で小さなシミや皮膚が隆起すると言ったことで体の場所を問わず出来るものになります。大きさで考えると、その多くは6ミリ以下ですが場合によっては10ミリを超す大きなものになることもあります。この10ミリ近くのように大きくなった時は、一度皮膚科等へ行き診断を受けることが良いと考えます。多くのほくろは平なものが一般的とされますが、時間と共に膨らみを持つものも出て来る場合はあります。特に顔に出来た時には丸く膨らむことが多くみられ、場所によっては目立つものとなり除去したり気にする人が多くなってしまうのです。身体に出来るものでは、色が抜けてしまうこともあり一見すると判らないものもあり、他の出来物と区別がつきづらい場合もあります。ほくろにも種類があり、黒子と言われる時には直径が数ミリと小さいままの褐色や黒褐色のものから単純黒子と言われるメラノサイトとメラニン色素が加わったものがあります。また老人性色素班は初期の黒子であり、色素細胞班ではメラノサイトと神経細胞の中間にあるものとされています。更には母斑細胞性母斑とか青色母斑がありますが、これら全てのものは良性であり無理に除去する必要はありません。ほくろの除去には、いくつかの手術方法がありその費用も知っておくと良いのでしょう。方法によってその費用の差も大きくなることが考えられ、大きさや場所によって除去方法を考えるべきです。まずは昔から行われている方法で、くり抜き法があります。取り除きたい個所を円形にくり抜くもので、術後は周囲を縫合することになります。大きなものには不適合で、5ミリ未満の小さな場合に適しており、治療時間は数分で終わります。費用は病院によっての違いもありますが、多くは5000円ほどから30000円と言われます。そして今最も多くの病院で行われる方法に、炭酸ガスレーザー治療があります。ほくろの組織を蒸発させる除去する方法で、傷跡が残りにくい上に皮膚へのダメージも少ないことから、利用が多くなっているのです。費用としても3000円から20000円と負担も少なく終わることが出来ます。ここで考えることが、どの病院へ行くのかと言うことです。皮膚科に行くのか、美容外科に行くのかでは、対応だけでなく費用も相当違って来るのです。そこには保険対応か否かと言うことでも大きく違いますが、美容外科に行った場合仕上がりに対し特に注意を払ってくれる違いもあると知っておきましょう。

Copyright© 2018 ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】 All Rights Reserved.