ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】

簡単5分で除去可能

鏡を見る女性

もう隠さなくてOK

体の中でほくろが1番できやすい部分はどこでしょうか、実は「顔」にできやすいといわれており、コンプレックスに感じる人が多いのも当然と言えます。ですがこのほくろは美容整形で簡単に取り除くことができ、手術跡を残さず、5分ほどで終わってしまうような手軽な施術も増えてきているのです。気になるのはその費用ですが、これはほくろ除去の方法やほくろの大きさによって変わるため、平均的な費用というのは出しにくいと言えるでしょう。ですからここで紹介するのはおおよその金額で、実際にはクリニックや病院などに行って確認することをお薦めします。では、ほくろ除去にかかる費用ですが、保険が適応される場合とそうでない場合とで大きな金額の差があるため、注意が必要です。保険が適応されると、安くて5,000円、高額でも15,000円前後と比較的安価で、切除範囲も2〜4cmほどとかなり広くとることができます。一方で保険が適応されない場合には2mm未満の小さなもので5,000円、5mmを超えるものだと15,000〜30,000円前後になるでしょう。レーザーやメスなど治療方法も様々ですが、より広範囲に施術が及ぶメスのほうが値段が高くなる傾向にあるため、50,000円を超えることもあります。いくつか方法がありますが、ほくろ除去はほくろの大きさや根の深さによってどのような除去方法が適しているかが変わってきます。そのため、美容クリニックでほくろ除去をする前にいくつかその方法や特徴について知っておくと、診察の時に焦らずに済むでしょう。最もスタンダードな方法はレーザーでの治療で、ほくろの元ともいえるメラニン色素を取り去る方法です。メラニン色素は黒い色素なので、黒い部分だけに反応するレーザーを使えば痛みもほとんどありませんし、傷跡も残りにくいので小さなほくろであればこの方法で除去するのが良いでしょう。しかし、根が深いものや5mmを超えるような大きさのほくろだとメスを使って切除する方法が良いと考えられます。ほくろというのは根の部分が残っていると再発してしまう恐れがあるため、大きなほくろは皮膚の深部にまで施術をしなければなりません。メスを使った施術は麻酔をしているため施術中の痛みはないものの、術後は少し赤く腫れたり違和感を覚えたりすることもあります。ほくろそのものにもいくつか種類があり、場合によってはイボなどと混同されている場合もあるので、取り除けるかどうかは診察をしてみなければ分かりません。自分で判断したり、自宅で無理に取ろうとせずに、医師の判断の元取り除くのが最も安全な方法でしょう。

Copyright© 2018 ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】 All Rights Reserved.