ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】

決断してきれいにする

医者と看護師

コンプレックスも解消

人間の身体には様々な部位にほくろはできているものです、人目につかない場所にできている分には問題ありません。ところが顔や首元など露出する機会が多く、自然と視線にさらされる部位にできたときは話は別です。ただし特に自覚症状が無い限り美容クリニックで治療を受けることになるので、除去治療は全額自己負担になります。保険が適用されないので、予算面で確認しておくべきでしょう。尤も治療自体はそれほど身体に負担をかけるわけではないので、あまり身構える必要はありません。局所麻酔してしまえば手術中は痛みを感じることはありません。電気で焼いたりレーザーを照射したりする方法では、治療を受けた部位は軽いやけど状態になっているので、肌色のテープをはって保護することになります。ここで重要なのは施術を受けた場所は非常に紫外線の影響を受けやすい状態にあると言うことです。十分回復するまえに日光にさらすと、メラニン色素が過剰分泌されて色素沈着、つまりシミのもとになります。それだけでなく、ほくろ除去後に再発するリスクも高くなる訳です。そこで保護テープは医師が必要ないと判断するまで、継続する必要があります。ちなみにクリニックによっては再発すると格安で再手術してくれる場合もあるので、気になる方は確認しておくべきです。顔にできたほくろについては、色々な考え方があります。よく「なみだ黒子」などの表現がされることもありますが、これなどは美意識を見出している点で積極的に評価している一例と言えます。しかし人によっては顔にできたものは余計でしかない、と考える人もいます。要は自分にとって許容できるか、できないかの問題に収斂していくわけです。もちろん悪性の場合は別ですが、稀で例外的な事象です。なかには顔にできたほくろがコンプレックスになり、人の視線が気になって異性との出合いなどに消極的な姿勢で人生の多くの期間を過ごす方もいるほどです。このように我慢する人が少なくないのは、「親からもらった身体にキズをつけるのは申し訳ない」と言う考え方が根強いからです。しかしほくろの存在があなたの人生に影響を与えるようになっているなら、美容整形クリニックを受診して除去してしまうことを真剣に検討するべきなのです。確かに子供なら親の保護下にある以上、納得を得るのは難しいのは確かです。しかし自分で稼いだお金でほくろを除去して、コンプレックスも解消されて人生に前向きに取り組めるなら、おもいきって決断するべきです。ただし短時間で急速に大きくなったり、出血したりする場合は、悪性の可能性があるので一般皮膚科を受診してください。

Copyright© 2018 ほくろ除去したいなら【美容整形外科や形成外科を受診すると良い】 All Rights Reserved.